効率化をしたいなら必ず知っておきたい『パレートの法則』!

どうも、ころたま(@isyatama_com)です!

「仕事をしていると、どうしても時間が足りなくなってしまう。」
「限られた時間で、ある程度の成果をしっかりと出せるようになりたい」

仕事を効率化したいと考えている方はとても多いと思います。

今回は仕事の効率化をする際に欠かせない「パレートの法則」という考え方をみなさんにご紹介したいと思います! (^ ^)

パレートの法則とは?

パレートの法則とは、イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが提唱したもので、

物事を構成する要素が全体に占める割合はかたよりがあり、複数要素のうち一部で全量の大部分の割合が占められている。

という考えのことです。

なかなかピンとこないですね。(^ ^;)

わかりやすい例を出しますと、この法則は「売り上げの80%は、顧客の20%が生み出している」という考えのもとになったものなんです。
このことから「80対20の法則」「2:8の法則」などとも呼ばれることもあります!

実際にパレートの法則をあてはめてみよう

まだピンときていない方もいるかもしれないので、具体的にパレートの法則をいろんなものに当てはめてみましょう!

  • 仕事の成果の80%は、その仕事に費やした時間の20%で達成されている。
  • ブログのPV数の80%は、ブログ全体の20%の記事が生み出している。
  • Twitterのエンゲージメント数の80%は、フォロワーの20%が関与している。
  • 世の中の富の80%は、社会全体の20%の人が保有している。
  • テストの結果の80%は、試験勉強に費やした時間の20%で得た知識で解答できる。

こんな感じでしょうか?

どうでしょう、だんだんパレートの法則のイメージが湧いてきましたか?(^ ^)

ここで挙げた例はほんの一部分で、もっといろんなところにパレートの法則は当てはまるだろうと思います!

パレートの法則で効率化をしよう

このパレートの法則を知っているとどんないいことがあるかというと、「効率化」をする上で大いに役立ってくれるんです。


たとえば僕はブログを書いています。

そして今、記事を1つ書くのに1時間かかっているとしましょう。(実際そのくらいかけて書いています!)

たしかにしっかり1時間かけると、自分の満足のいく100%の記事を書けるかもしれません。

でも、ここにパレートの法則を当てはめてみます。
すると、80%満足のいく記事を書くのにかかる時間は1時間の20%、つまりたった12分ということになります!

どうでしょう?(^ ^)
100%の出来を求めるのも大切なことですが、もし80%の出来で妥協できるのであれば、1時間を12分に短縮できるんです。

12分というのは少し極端かもしれませんが、

  • 100%の力で、満点を狙いにいく
  • 20%の力で、8割の成果を狙いにいく

どちらが良くてどちらが悪いという話ではありません。
しかし状況に合わせて2つの選択肢を使い分けられるというのは、あなたにとって必ず武器になるはずです!(^ ^)

効率化のコツは、満点を目指さないことです!

パレートの法則の過信には要注意!

さて、パレートの法則を実行する上で、気をつけなくてはいけない点がいくつかあります。

絶対「2:8」になるわけではない

上の『実際にパレートの法則をあてはめてみよう』で色々と具体例を紹介しておいて恐縮なんですが、
きれいに2:8になることは滅多にありません!

「1割の顧客が売り上げの9割を生み出している」こともあるでしょうし「4割の努力で試験の6割の問題が解ける」こともあるでしょう。

さらに「ブログのPV数の80%を、ブログ全体の5%の記事が生み出している。」というもあり得ます!

「え?80+5は100にならないじゃん!」

と思われるかもしれないですが、全然問題ないです。
「足して100にならなければいけない」法則とかじゃないんで、こういうことも十分起こり得るんですよ!

物事を構成する要素が全体に占める割合はかたよりがあり、複数要素のうち一部で全量の大部分の割合が占められている。

結局のところ、この文章が全てを説明してくれていますね。(^ ^)
「2:8」という数字にこだわりすぎないことが大切です!

なにもかも8割の成果で満足してはいけない

たしかにパレートの法則に従うなら、20%の努力で80%の成果を出せるかもしれません。

でも何もかも80%の成果で満足していてはいけません。
自分が頑張りたい“ここぞという所”にはしっかり100%の力を出し、満点を狙いにいきましょう!

それがプロフェッショナルというものです。

パレートの法則は、言い方が悪いですが「妥協策」です。
つまり限られたあなたの時間を少しでも有意義に使えるようにするための選択肢として思ってもらえたらと思います。

その性質をしっかりと理解した上で、うまく活用していくことができれば、きっとあなたの仕事は何倍にも効率が上がることでしょう!

まとめ

今回は「パレートの法則」の使い方と注意点などをお話しました!

この法則をうまく活用して、ぜひ仕事の効率化をしてみてくださいね!

それでは!(^ ^)