小銭入れはお洒落でスマート。キャッシュレス時代に合う現金の持ち方

これからの時代は小銭入れが大活躍するんじゃないかなと本気で思っている。

小銭入れは文字通り「小銭を入れる」財布のこと。お札やカードを入れるスペースはないが、その分小銭を取り扱うことに特化している。僕はもう1年以上小銭入れを使っているが、これが意外と生活に馴染んでいる。しかも小銭入れを持つというスタイルが、キャッシュレス化という今時の流れにもぴったりだと気づいた。

今回は僕が小銭入れを使っている理由とキャッシュレスとの合わせ技についてお話ししようと思う。

僕が使っている小銭入れ

小銭入れの写真

LIBEROのロゴ

LIBEROのロゴが印されている。

Made in Japanの刻印

Made in Japanの安心感。

僕が使っているのはLIBEROというブランドの小銭入れ。安心と信頼の日本製。そして革製なので手に持った時の触り心地が良い。使い始めて1年以上経っているので色味の変化や傷が増えてきているが、そういう経年変化も味になって楽しめるのが革製品の面白いところだ。

小銭入れを手に持った様子

手にぴったりフィットする。

小銭入れの薄さを表す写真

小銭が入っていても厚さは1cmもない。

大きさも程よく手にフィットするサイズでいい感じ。中に硬貨が10枚ほど入っていてこの薄さというのもコンパクトに感じる要因だろう。

僕が小銭入れを使う理由

僕が小銭入れを使っている理由は大きく3つある。

  • 小さくて持ち運びやすい
  • 小銭を探しやすい・取り出しやすい
  • 財布が長持ちする

小さくて持ち運びやすい

ズボンのポケットに小銭入れが収まる写真

小銭入れは普通の財布より小さいので、服のポケットなどにすっと忍び込ませておける。ジーンズなどのピチッとしたポケットに入れても服が盛り上がらず、型が崩れないのは嬉しい。

コンビニに出かけるとき、すぐそこの自動販売機まで行く時など、小銭だけ持っていけば済むシーンは日常で意外と多い。そんな時はこの小銭入れだけ持っていけばいい。荷物が小さく少なくて済むのは気持ちがいいことだ。

小銭を探しやすい・取り出しやすい

小銭入れを開いた様子

中をしっかり見渡せる。

財布の中から小銭を出すとき、小銭探しに苦労したことはないだろうか。お札も小銭もカードも入る一般的な財布は、とりあえず小銭を入れるスペースも作っておきましたよ的なスタンスのものが多い気がする。取り出す口が狭かったり、中身が見えづらかったり、容量が少なかったりと、どんな財布を持ってても小銭入れ部分に対する不満が出てしまう。

小銭入れならそれらの不満は全部解消する。小銭入れの口は大きく開くので中に入っている小銭の種類をすぐ見渡せる。目的のコインをパッと取り出せるし、指もつっかからず取り出しやすい。もちろん容量も十分で、十分なマチがある。

小銭に関するストレスは、小銭入れひとつですっきり解決できる。

財布が長持ちする

小銭入れの写真

一番嬉しいメリットがこれ。

財布がボロボロになってしまう一番の原因は小銭を入れていることだと僕は思っている。お札やカードは薄っぺらいものなので、数が多くても財布の形を崩すことはあまりない。でも小銭は違う。枚数が増えると小銭の塊ができてじわじわと財布の形を変えていってしまう。このダメージがバカにできないのだ。

お札やカードも入れている財布を、小銭のせいで新しく買い換えるのはなんだか損した気分。かといって見た目がだらしなくなってしまった財布を使い続けるのも気が進まない。

そんな時、小銭入れを別で持つというアイデアが浮かんだ。小銭入れは小銭を取り扱うためだけに作られたものなので劣化に強い。お札やカードは使う時に別で持ち運べばいい。必要な人はお札入れを別で用意しないといけないが、小銭によるダメージがない分お札入れ自身も綺麗に保つことができるので、長く使うことができるだろう。

小銭入れとキャッシュレスは相性がいい

スマホと小銭入れの写真

ここで、小銭入れと今話題のキャッシュレスが相性いいよという小話。

キャッシュレス消費者還元事業も始まり、今世の中はキャッシュレス化の波が来ている。僕もApple PayやPayPay、クレジットカードなどを利用している。

キャッシュレスのいいところはやっぱり現金の煩わしさから解放されること。買い物でいちいち現金を取り出さなくていいし、お釣りももらわなくていい。そもそも財布が必要なくなるので、キャッシュレスしか使わない人は財布を持ち出さなくても生活ができてしまう。

でも現実話、本当に財布を持たずに外出できるかというと、なかなか難しい。というか怖い。世の中の全てのものがキャッシュレスに対応しているわけではないので、どうしても現金が必要なシーンはまだ残っている。それにもしカードを紛失したら、スマホ決済しようとした時充電が切れていたら、などと考えると、保険的に現金は持っておきたい。遠出ならなおさらだ。

キャッシュレスの持ち味である「持ち物を減らせること」と現金の持ち味である「安心感」。この両方をうまく掛け合わせた答えが「小銭入れ」にあると僕は考えている。

大金を持ち運べるわけではないが、保険用の現金として十分な量は入れておける。それでいてとてもコンパクトでスマート。キャッシュレス化の進むこれからの時代にぴったりなパートナーだと僕は思う。

まとめ

小銭入れの写真

小銭入れについての話、いかがだっただろうか。

最後はキャッシュレスの話も混ぜ込んでしまったが、そこも込みで小銭入れのいいところをお話しできたかと思う。

お金は生きていく上で必ず必要なものだから、お金の管理の仕方にもこだわりを持ちたいところ。小銭入れでお金を上手に持ち運び、ストレスのない生活を目指してみてはどうだろうか。