MENU

カテゴリー

医学部で部活はやるべき?医学生の部活動の実態!

こんにちは、コロタマです!

中学や高校の頃はおそらくほとんどの人が部活動をやっていたかと思います。
帰宅部だったよ!って人もおられるかと思いますが!

さてさて大学だってもちろん部活動は存在します。

「中高の頃のように大学でも部活に入ってバリバリ活動がしたい!」
ってう方もいるでしょうし、

「部活は中高で十分楽しんだから大学ではのんびり自由な時間を大切にしたいな!」
っという人だっているでしょう。

部活に入るor入らないは当然個人の自由なんですが、やっぱりみなさん迷いますよね。(^ ^;)

今回は医学生の部活事情について色々お話ししていきたいなと思います!

※本記事での「部活」には部活動とサークルの両方を含みます。

医学生はどれくらい部活に入っているの?

ぶっちゃけ気になるのがこの質問。

「部活ってどれくらいの人がやってるのかな?」


これだとおもいます。

医学部は勉強が大変そうだし、その上部活もやるってなると全然時間が足りなさそう、、、

と想像する方も多いかと思いますが、
意外と部活に入っている人は多いです!


僕の通っている大学だと大体7割くらいでしょうか。

かなりの人が部活に入っていますね!

医学部生だけが入れる部活がある!

さて結構たくさんの人が部活に入っていることをお伝えしましたが、実は医学生だけが入部できる部活動があるということを皆さんご存知でしょうか?

医学部の学生だけで構成されている部活動なので、同級生や先輩後輩、とにかく医学部同士のつながりを作りやすいです!

実際、多くの人が部活動に入っていると言いましたが、そのほとんどの人は医学部の学生だけで構成されている部活動に入っています。

だからこそたくさんの人が部活動に入っているんですね!

ただ、すべての大学でこういった部活があるわけではありませんし、自分の望んでいる部活が絶対にあるという保証もありません。

なのでこれから大学に進学するという人は、その大学の部活事情を事前に調べてみるといいですね!

また、当然ですが、必ずしも医学部の部活に入らなければいけないわけではありません。

他学部の学生も参加している部活動に入部している医学生ももちろんいます!

よく調べて、自分が1番入部したい部活動に入るべきですね!!

部活に入るメリット・デメリット

ここからは部活に入ることによるメリットとデメリットを簡単にご紹介しようと思います!

メリット

  • 人との繋がりが作れる。
  • OBOGの先生と知り合いになれる。
  • 作法・マナーを学べる。
  • イベントなどで盛り上がれる。

こんな感じになります!

特に上2つは重要。
医学部は同級生や先輩との繋がりがとても大切です!

知り合いの先輩が多ければ、授業やテストの話など様々なお得な情報を入手することができます。

さらにすでに医者になっているOBOGの先生方とも知り合いになれるので、いろいろなコネクションを形成することができます!

部活に入っていなくても知り合いを増やしていことは可能ですが、部活に入っていない人と比べると明らかにハードルは上がります。
いわゆるコミュ力がとても重要になってくるので、自分のコミュ力に自信がない人は部活に入っているほうがお得かもしれませんね!

その他、部活の飲み会やOB会では作法・マナーを学ぶことになるので、将来役に立つ様々な知識を身につけることもできます。

部内で企画されたイベントで楽しく盛り上がれるのも魅力ですね!

デメリット

  • 自分だけの自由な時間が少なくなる。
  • お金がかかる。
  • 疲れる。

ざっくりとこんな感じでしょうか。

やはり一番のデメリットは自由に使える自分だけの時間が少なくなることだと思います。

いろんなことができるせっかくの大学生活。
部活に捧げるのもいいですが、たくさんバイトしたり、友達といっぱい遊んだり、海外旅行に行ったりするのもいいですよね!

特に最後にあげた海外旅行は、部活をやっていると簡単には予定を合わせづらいです。(泣)
自由な時間がたくさん欲しい!という人には部活はあまり向いていないかもしれません、、、。

また、お金がかかることもデメリットになるでしょう。

部活はどうしても部費がかかるので、お金を少しでも節約したい人にはなかなか厳しいものがあります。

結論:つながりを簡単に作れるのでおすすめ!

いかがでしょうか?

最後にメリット・デメリットを紹介させていただきましたが、ぼく個人的にはデメリットを踏まえても、いろんな人と簡単に交流ができるので部活に入ることをオススメします!

医学部生だけの部活に入れば、医学部の先輩や現役の医者の方々と簡単に知り合いになれます。
こういった知り合いをたくさん持っていると、勉強の面でいろいろと有益な情報を貰えたり、将来の助けになったりするので、「交流を深める」ためだけにでも部活に入る価値は十分にあります。

医学部を目指している人、入学して部活に入るかどうか悩んでいる人は、ぜひ検討してみてくださいね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です