MENU

カテゴリー

【レビュー】2週間使ってわかったAirPods Proの良いところ・残念なところ

AirPods Proを使い始めてから2週間が経ちました。

控えめに言って最高です。本当に買ってよかった。僕はもうAirPods Proなしで作業はできない体になってしまいました。

この2週間AirPods Proを毎日使ってきたので、このイヤホンがどうして人気なのかがよく分かりました。一方で残念なところも少しだけありました。残念なところは見つけるのは大変でしたけどね。それくらい素晴らしいイヤホンだということです。

というわけで今回はAirPods Proを実際に使って感じた良いところを5つ、残念なところを2つご紹介します。買うかどうか悩まれている方はぜひ参考にしてみてください。

 ■ AirPods Proのいいところ
  • 大きさは全然気にならない
  • 音質は普通に良い
  • ノイズキャンセリングが素晴らしい
  • 外部音取り込みモードに全く違和感がない
  • 音量を抑えられるので耳に優しい

 ■ AirPods Proの残念なところ
  • 本体の操作はクリックよりタップの方が好きだった
  • 長時間つけていると耳が痛みだす

実際に使って感じたAirPods Proの良いところ

それでは2週間毎日使い込んだ僕が感じたAirPods Proの良いところをまずはご紹介しましょう。

大きさは全然気にならない

AirPods Proのケース

AirPods ProはこれまでのAirPodsよりもケースの大きさが少し大きくなりました。具体的な違いは以下の表の通り。

AirPods Pro高さ: 45.2mm|幅: 60.6mm|厚さ: 21.7mm|重量: 45.6g
AirPods高さ: 53.5mm|幅: 44.3mm|厚さ: 21.3mm|重量: 40g

数字で見てもイメージが湧きにくいですが、正直ほとんど変わりません

厚さはほぼ一緒で、高さと幅についてはAirPodsが縦長のケースだったのに対してAirPods Proは横長になりました。結果的には5mmほどケースが長くなった感じです。

僕はAirPodsのケースをよくズボンの前ポケットに入れているので、ズボンに入れずらくなるのは嫌だなと思っていましたが、杞憂でした。5mmの影響なんて全くありません。

音質は普通に良い

心配していませんでしたが、音質は普通にいいです。

カナル型で遮音性が上がり、ノイズキャンセリングにも対応したおかげで、かなり鮮明に音楽が聞こえるようになりました。(カナル型についての説明は後述しています)

もちろん高級ヘッドフォンには敵いませんが、このコンパクトさでこれだけの音楽体験ができるので十分満足ですね。

ノイズキャンセルが素晴らしい

AirPods Proのケースを開いた様子

AirPods Proが大人気となっている一番の理由は、やっぱりノイズキャンセリング機能でしょう。

僕はノイズキャンセリング機能を搭載したイヤホンやヘッドフォンを持っていませんでした。なので他の製品と比較することはできないのですが、間違いなく質は高いです。

AirPods Proを耳につけるとフッと周囲の音が遠のいて、世界に自分一人取り残されたかのような感覚を味わうことができます。

おかげでカフェとか少々騒がしい場所で作業したい時でも、バッチリ集中できるようになりました。

外部音取り込みモードに全く違和感がない

AirPods Proの素晴らしさはノイズキャンセリング機能だけではありません。

AirPods Proには外部音取り込みモードという機能も備わっています。これはAirPodsを耳に装着していても外の音が聴こえるようにする機能。いわばノイズキャンセリングの真逆の機能です。

AirPods Proは外部音取り込みモードの精度がすごく高いです。本当に何も耳に着いてないんじゃないかと思うくらい自然な音が聴こえます

「どうして外部音取り込みモードが必要なの?」と疑問に思う人もいるでしょう。僕が主に以下のシーンでこの機能を利用しています。

  • 外を歩いている時
  • コンビニのレジ
  • 人と少し話をする時

これらはどれも外の音が聞こえている方が都合が良いシーンですね。

外を歩いている時は周囲の音が聞こえていないと、いざという時危ないですよね。
コンビニはついイヤホンをつけたまま買い物してしまいますが、店員さんの声が聞こえてないと失礼なので、レジでは外部音が聞こえている方がいいでしょう。
人と話をする時は言うまでもないですね。短い話をする程度なら、わざわざAirPods Proを耳から外さずに外部音取り込みモードで対応します。

音量を抑えられるので耳に優しい

先日こんなツイートをしました。

このツイートの通り、ノイズキャンセリング機能には思わぬメリットがありました。

ノイズキャンセリングがないイヤホンだと、騒がしい場所で音楽を聴く時は音量を上げて対処していました。でもこれだと耳に対する負担が増してしまいますよね。いつか難聴になるかもしれない。

でも質の高いノイズキャンセリング機能があれば、周囲の音が小さくなるので音楽の音量を上げなくても十分聴こえるんです。ノイズキャンセリングの質が高いAirPods Proだからこそのメリットだなと感じました。

AirPods Proの残念なところ

続けてAirPods Proの残念な部分をお伝えします。

正直言って、良いところが多すぎて残念なところなんてほとんどありません。なので今からあげる残念なポイントは、絞りに絞って出したものですし、僕の個人的な見解が含まれています。読んでくださっているあなたに必ず当てはまる内容とは限らないので、その点を理解した上で読み進めてもらえると幸いです。

本体の操作はクリックよりタップの方が好きだった

AirPods Proの本体

これが僕の思う残念なポイント第一位です。

以前までのAirPodsは装着時、本体を2回タップすることで曲を送ったり戻したりできました。つまり指一本で操作できてました。

しかし今回のAirPods Proは本体の細長い部分(いわゆる「うどん」の部分)を指で挟むようにクリックすることで操作します。つまり指が二本必要になりました。

個人的には以前のように指一本でタップするだけの方が操作が簡単で好きでした。指二本で挟んでクリックするという操作は、これまでよりも手軽さが失われてしまったと思っています

その代わり、以前よりも本体だけでできる操作が増えたので一長一短といったところでしょう。AirPods Proでは本体を触るだけで以下の操作ができます。

  • 1回クリック:再生/一時停止
  • 2回クリック:曲送り
  • 3回クリック:曲戻し
  • 長押し:ノイズキャンセリング/外部音取り込み

対する以前のAirPodsはダブルタップ時の機能を以下の中から一つずつ左右に割り振ることができました。

  • Siri
  • 再生/一時停止
  • 曲送り
  • 曲戻し
  • オフ(何もしない)

つまり本体だけでできる操作はこの中から最大2つまでということです。それ以外の操作がしたいときはiPhoneを取り出さないといけません。こう比べるとAirPods Proは機能が増えていることになりますね。

とはいえさっきも書いた通り、指で挟んでクリックという動作は以前のダブルタップと比べるとやりづらく、僕は少し残念に感じました。

長時間つけてると耳が痛みだす

これは僕の耳の形の問題だと思いますが、長時間耳につけてると耳がジンジンと痛み出します。

よっぽど長い時間つけていない限りこの痛みはやって来ないのであまり気にしてはいませんが、一度痛みだすとなかなか治らず、辛い思いをしました。

AirPods Proはカナル型に変更になりました。カナル型とは耳栓のようなゴムのイヤーピースが付いているタイプのイヤホンで、耳の穴に差し込むように装着するため遮音性が優れていて、音漏れも少ないです。以前のAirPodsはインナーイヤー型という耳に引っ掛けるタイプだったので、人によっては引っ掛かりが悪くすぐ落ちてしまうということもあったようです。その問題はカナル型になって改善されているかもしれません。

しかし耳の形というのはどうしても個人差があるので、全員にフィットするイヤホンというのは存在しないのが現実です。世間のAirPods Proに対する評価がいかに高いとはいえ、購入を検討されている方は一旦お店へ足を運んで、実物を試着してみることをお勧めします

まとめ:AirPods Proは間違いなく2019年のベストバイ

2週間AirPods Proを使って僕が感じた良いところ・残念なところは以下の通りとなりました。

  • 大きさは全然気にならない
  • 音質は普通に良い
  • ノイズキャンセリングが素晴らしい
  • 外部音取り込みモードに全く違和感がない
  • 音量を抑えられるので耳に優しい
  • 本体の操作はクリックよりタップの方が好きだった
  • 長時間つけていると耳が痛みだす

何度も言っていますが、残念なところというのは「強いていえば」のレベル。AirPods Proの完成度はとても高いです。人気で品薄になってるのも納得。

間違いなく今年買ったものの中で一番満足度が高い商品ですね。もうAirPods Proのない生活には戻れません。

ちなみに2019/12/18のアップル公式オンラインストアで調べると、都内へのお届け予定日が2020/01/22となっています。つまり約1ヶ月待ちです。発売からもうすぐ2ヶ月が経とうとしていますが、人気は衰え知らずですね。待たされるのが嫌な人は少しでも早く注文した方が良さそうです。

あなたもAirPods Proで作業に没頭し、素敵な音楽を聴きまくりましょう。それでは。

AirPods(第1世代)のレビュー記事も書いてます。合わせてこちらもどうぞ。

新型が登場し、さらにアツい。1年半使った『AirPods』レビュー

新型が登場し、さらにアツい。1年半使った『AirPods』レビュー